問い合わせボタン

クシ切り・分割カット用 刃物部B2のご紹介

1907年創業の刃物メーカーHIRANO。業務用カット機を製造し、標準品や特注品など様々なご要望にお応えしてきました。

食材に応じて硬さや柔らかさ、大きさなど様々な条件が伴いますが、平野製作所ではお客様のご要望・用途にお応えできるよう、様々な種類のカッターを取り揃えております。こちらのページでは大根・人参・玉ねぎ・じゃがいも・かぶ・柿などマルチプレスカッター刃物部B2のカット写真や使い方などをご紹介をさせていただきます。

こちらの刃物は固い食材のクシ切り・分割カットができます。
手作業だと難しい6分割のカットも機械を使うことでキレイにカットすることができます。

大根・かぶ・れんこん・柿・じゃがいも・たまねぎのカットの様子です。

柔らかい食材のクシ切り・分割カットは下記D2Nシリーズの刃物で対応しております。

マルチプレスカッターとは?

マルチプレスカッターは本体と刃物の組み合わせで様々なカットができる業務用カット機械です!
食材に応じた刃物を取り揃えています。

製品ページはこちら

マルチプレスカッター

製品ページはこちら

マルチプレスカッター
マルチプレスカッター

B2 刃物部の説明

型式B2
カット面積φ110mm
標準分割数6,8分割
取り付け方法MPM⇒付属品で取付可能
MPL,MPLL⇒ワイド用ホルダーの購入が必要

刃物を放射線状に組んだ刃物がB2になります。

左右に持ち手があるため刃物単体での使用も可能です。
カット面積がφ110mmですが、特注でφ136mmでの製作も可能です。
標準の分割数は6,8分割からお選びいただけます。
特注でその他の分割数対応も行っていますのでご相談ください。
食材によってうまく切れるものと切れないものがございます。

MPM,MPL,MPLLに取り付け可能です。

刃物部のセット方法は下記まとめていますのでご覧ください。

食材別 分割カット写真

玉ねぎの分割カット

玉ねぎは炒め物の惣菜カレーなどで使用していただいています。
惣菜工場、カット野菜工場、コンビニベンダーなどで活躍しています。

あらかじめ水平方向を1/2にしておくと酢豚用などに使用できるカットができます。

分割数を細かくすると牛丼などに使用いただく玉ねぎのカットができます。(写真は24分割です。)

人参の分割カット

人参は惣菜用でカットしていただいております。
惣菜工場、カット野菜工場、コンビニベンダーなどで使用していただいています。

4分割でカット後、スライサーでカットすることで豚汁などで使用していただくいちょう切りができます。

大根の分割カット

大根は味噌汁や豚汁などいちょう切りの前処理で使用していただいています。
カット野菜工場などで活躍しています。
分割後、スライサーでいちょう切りにします。
大根の径に応じて分割数を変えて使用されている現場が多いです。

じゃがいもの分割カット

ジャガイモはフライドポテト用でカットしていただいております。
冷凍していないジャガイモを店舗でカットすることでより美味しいフライドポテトができます!
味にこだわるハンバーガー屋などでは店舗でのカット用に購入していただいています。

スティックカットをご希望の方はH1という刃物を使用することでカットが可能です。

かぶの分割カット

かぶは漬物用でご使用いただいています。
漬物工場などで実績が多いです。

柿の分割カット

柿はお菓子屋や柿の産地のJAなどで使用いただくことが多いです。
事前にヘタ取りと皮むきをしてセットします。
種ごとカットが可能です。

れんこんの分割カット

れんこんは煮物や惣菜に使用していただいています。
惣菜工場などで実績がございます。

オプション品 専用作業台

マルチプレスカッターでは作業量の多いお客様向けに専用作業台を用意しております。
作業台に乗せることで下にボックスなどを入れることができるのでスムーズに連続作業ができるようになります。

マルチプレスカッター 作業台

作業台ページはこちら

特注対応事例

まとめ

以上、業務用のクシ切り・分割カッターを紹介させていただきました。今回ご紹介した以外にも、様々な食品のカットに対応した製品を取り揃えています。オリジナル食材のカット要望にご対応した特注製造も多数ございますので、お気軽にお問合せください。

ご興味やお困りごとございましたらぜひ下記よりお気軽にお問合せください。

問い合わせボタン

購入前に試してみたい!ビフォアサービスのご案内

ショールーム

ショールーム詳細ページはこちら

カットテスト

カットテスト詳細ページはこちら

デモ機貸出

デモ機貸出詳細ページはこちら

買った後も安心。アフターサービスのご案内

アフターサポート

アフターサポート詳細ページはこちら