【特注品のご紹介】コーヒーゼリーカッター

本日ご紹介いたしますのは、
夏にも涼しげで人気の
プルプルしたコーヒーゼリー をカットする

コーヒーゼリーカッターです

今までの、豆腐カッターなどのような、
カット台へ材料をのせて先に縦刃にてカットし、
その後に押し出し棒で材料を前面の刃物へ
押し出して2工程でカットするものとはちょっと 異なります!

今回は、
お客様がバットでコーヒーゼリーを作られた際に、
プルプルと動かしにくいので、
他の器やまな板に移さずに、そのままバットの中で

バットのサイズに合わせてカットするために製造いたしました。

バットのサイズに合わせて、
コーヒーゼリーをさいの目にカットしたい

というご要望にお答えしました、さらに、効率化も図れました

①お客様がバットにおつくりになったコーヒーゼリー。
コーヒーゼリーカッター

②さいの目についた刃のコーヒーゼリーカッター
コーヒーゼリーカッター

③それを真上からコーヒーゼリーに乗っけて、上から切り刻む。
コーヒーゼリーカッター

④バットをひっくり返すと、均等にさいの目にカットされたコーヒーゼリーがぼろぼろと落ちてきます。
弾力のあるコーヒーゼリーであったので、大きく崩れることなく落ちてきました。
コーヒーゼリーカッター

また、違うお客様にお作りした同じ商品です!
構造はまったく一緒ですが、サイズだけが異なります。

少し上記の商品よりも、正方形に近い形をしたタイプでお作りしました
コーヒーゼリーカッター

下向きに刃がついています。
コーヒーゼリーカッター

バットと、刃物が同じサイズをしているので、
無駄なく、サイズもすべて同じかたちでさいの目にカットができるようになっています。
コーヒーゼリーを入れるバットは、R型のバットでなく、
このようなバットですと、端から端まできれいに切ることができます。
同じように、上から刃をぐぐっと軽く押し込みます。
コーヒーゼリーカッター

今回も、うらっかえして、水の入った容器に移せば、
キレイにカットされたコーヒーゼリーができあがりました。
コーヒーゼリーカッター

さまざまな食材のさまざまなカットのご要望を伺い、
日々
特注品というカタチで、思いをカタチにして
製品をご提供させていただいております
ご相談おまちしております!

創造と開発の 株式会社平野製作所 業務用フードスライサーR&Dメーカー

千葉県印旛郡栄町矢口工業団地B-4
TEL0476-95-6311

株式会社平野製作所 Webサイト